2013年12月10日

任期付き助教の転職〜博士課程卒の就職とポスドクの転職

久々に投稿します。

さて、僕が任期付き助教時代に民間企業への転職が決まったのが、丁度1年ぐらい前になります。
一年たつのは早いものですが、もはや助教時代にどんな生活をしていたのか思い出せないぐらい今は充実しています。

こんなことなら早く転職しておけばよかった・・・と言いたい所ですが、やはり助教時代に過ごした時間があったからこそ、今があると思っています。

僕の現在の職種は、研究内容がそのまま仕事内容になっているぐらい自分の専門分野とマッチしていました。

こう聞くと、

「たまたま運よくマッチングした会社があっただけだ」
とか、
「お前の分野がたまたま実用的だっただけだ」
とか、
「なんだかんだ言って雇ってもらえるぐらいの業績があったんだろ」
とか、色々言われるでしょう。

ある意味、全て事実なのかもしれません。

でも、僕自身は運とか、たまたまだったとか、そうは思わないのです。

民間企業を受ける前は、ずっとアカデミック分野への応募を続けてきました。
でも、アカデミック分野は全滅でした。
中には分野違いの所もありましたが、大抵は自分の専門分野への応募でした。

多分、落ちた理由は、業績が不十分だったからでしょう。
でも、これまでの記事で書いてきたように、僕よりも業績が少ないのにアカデミックの職についている人はたくさんいます。報告書に一報も論文が無くても科研費をとり続けている研究者もいます。

一方で、素晴らしい業績を持っているのにも関わらず、いつまでも任期付きの職を渡り歩いている研究者もいます。

所詮は負け惜しみですが、アカデミックポストなんてそんなものだと思います。

そう考えると、むしろアカデミックポストの方が実力じゃなくて運で、たまたまプロジェクトが続いている研究機関のポスドクになって、業績が無くても科研費をもらい続けている人がいる。たまたま急に前任者助教が辞めたところに急きょ入り込めた人がいる。などなど。。。

それに比べると、僕は今の会社にはちゃんと実力を買われて雇われたんじゃないかなと、そう思うわけです。

アカデミックポストの場合は職について研究をせず論文を書かなかったり、お手伝い程度のことしかしなくても、別に誰も損しません(税金等が無駄使いされるという損はありますが・・・)。

でも、企業はちゃんと働かない人を雇ってしまったら、その分が赤字です。
企業の赤字は、そのままダイレクトに他の社員の給料に響くわけで、怠けている人がいると、頑張っている人が確実に足を引っ張られるわけです。

なので適当に人を雇うわけにはいきません。

僕はそういう意味では、会社に十分貢献していると自負できます。

そんな僕の目から見て、博士課程の学生やポスドクは、やはりアカデミックポストだけではなく、民間への就職や転職を是非考えるべきだと思います。

民間へ転職すると自分のやりたい研究ができない、と思われるかもしれませんが、そうなってしまうのは単純に努力不足だったり、そもそもやる価値のない研究だからではないでしょうか?

そう言うと、大学の研究は役に立つ必要はない、と言われるかもしれません。

もちろんその通りだと思います。
ですが、そういう人に限って、まず間違いなく全く論文を書かないと思います。
論文を書く時は、その論文の研究がどのように重要なのかを説明しなければなりませんから。
何の役にも立たず、既往研究のパクリみたいな研究しかできないのなら、まあ企業に入っても自分のやりたい研究なんて絶対にさせてもらえませんから。

というか、そもそも企業に入っても自分のやりたい研究をやっていけるような人は民間に転職などしないのかもしれません。

一方で、民間企業では柔軟性が問われます。
自分の専門外の仕事でも、調査し計画を立て実行する力が問われます。
そして、そのために、社員を教育し、社員は常に勉強し続けています。
博士課程の学生やポスドクは、そういった教育が無くても自分の力でどんな仕事でもやっていけるような能力を問われるのです。

結局、博士課程卒の学生やポスドクは、自分の興味のある研究だけやっていたのでは生き残っていけない世の中になってきていると思うのです。

自分は、自分の専門分野でない仕事でも、しっかりとこなすことができると、アピールできなければなりません。

ただ単に目の前の研究だけを行うのではなく、他分野へ応用したり、他分野の技術を使って自分の研究を発展させたりと、常に視野を広く持って研究を行うべきです。

僕は現在の仕事柄、大学の研究者や博士課程の学生と接することがあります。
彼らは、非常に視野が狭く、自分の専門分野外のことは自分の研究とは関係ないと思っている人が多いです。しかも自分が理解できない専門分野の研究を下に見る傾向すらあるのです。
また、自分でちょっと勉強すれば済むようなことでも、自分の専門分野外だと自分で調べようとせず、学部の授業で習うような教科書に書いていあるようなことも平気で放置します。

民間企業ではそのようなことは許されません。

僕はアカデミック出身の立場なので、このように頭が固く柔軟性のない研究者を見ると悲しくなってしまいます。このような人がいるから、博士課程の学生やポスドクは使いにくいと思われてしまい、柔軟性がある人も同じくくりにされてしまって転職できないのですから。







posted by ノルマン at 00:02| Comment(3) | ポスドク・オーバードクター問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。